福島大学フォーラム2017「いわきフォーラム」のお知らせ

震災と原発事故から6年。 福島大学は、福島県民のみなさまとともに地域の復興に全力で取り組んできました。

これまで、震災直後に復興支援の拠点として「うつくしまふくしま未来支援センタ-」を設立したのをはじめとして、環境の放射能汚染を研究する「環境放射能研究所」を創設し、国際的研究拠点として様々な研究成果を発表してきました。知見を生かして国際支援の取り組みにも参加しています。

さらに、地域のみなさまからの要望に応えて「食農学類(仮称)」を2019年4月に設置するため準備を進めています。この新学類の設置に伴い、大学全体でリノベーション(改革)を進めます。

これまで以上に地域に深く関わり、またグローバルな世界の変化に対応していく強い人材養成を進めるためカリキュラム等を刷新します。

本フォーラムは、食農学類(仮称)設置と共に新しく生まれ変わる福島大学の全体像についてご紹介し、また福島県民のみなさまからのご助言等を頂くために福島県内4会場にて開催いたします。

日時

平成29年11月23日(木・祝) 13:30~15:30

プログラム(いわき開催分)

全体プログラム

場所

グランパークホテルパネックスいわき(地図

登壇者(敬称略)

渡辺 譲治(磐城農業高校 校長)

元木 寛(㈱ワンダーファーム 代表取締役)

林 桂(常磐共同火力㈱ 人事・労務グループ課長)

齋藤 和哉(いわき市総合政策部政策企画課 課長)

 お問合せ

福島大学 総務課
TEL 024-548-5190
kouho@adb.fukushima-u.ac.jp

 

 

 


2017年11月02日(木)